にほんブログ村 住まいブログへ ブログランキング 人気blogランキングへ

家を建てる時に大事なこと

お久しぶりになってしまいました〜。
ごめんなさい。

お家を建てる時にいちば〜〜〜〜ん大事なことって何だと
思います??

私は、


これだけはやった方が良いな

って思うことがあるんです。





それは、お茶だし。>

なんです。


なるべく頻繁に建築現場に行って、進捗を見たり、大工さんと
お話したり・・・。絶対に大事です。

大工の友達が言ってましたっけ。「家主がしょっちゅう見に来る家は
やっぱり、ちゃんと建ててげようって思うものだぞ」って・・。

友達の助言どおり、私、毎日お茶だしいたしました。
毎日毎日、大工さんに(何で大工さんて無口な人がおおいのかな)
話しかけました。

最初はいぶかしがっていた大工さんもだんだん仲良くなってきて、
「今日はノドがいたいんだよ〜」なんて言うときには、
風邪薬やら、ノドあめやら差し入れて、大事に大事にしました。

そのうちに、建築中でもいろいろなプロとしての意見なども
聞くことができて、途中で仕様を変えてもらったりすることも
できたし、ヘタしたら、もう一部屋作ってもらえそうになりました。

というのは、もう一部屋作れそうな空間をみつけたので、
そこにあと一部屋作ってくれると言ってくださったのです。
結局空調計画もあったので、そのまま壁をつけちゃったのですが、
いつでも部屋を作れるように床と電源の準備をしてもらっちゃい
ました。(追加料金はなしです)

なによりも、大工さんと仲良しになると、大工さんも手を抜いたり
できないし、

本当に丁寧な仕事をして

もらえます



家が出来上がって、大きな本棚を買ったとき、家具やさんが
持ってきて設置してくれたのですが、まったく傾きがない床に
「完璧な水平な床ですね」とほめてくれたときには、本当に
嬉しかったものです。

我が家は、家が完成して引越しした後に、大工さん、営業さん、
設計士さん、インテリアデザイナーの方、もろもろ関係者の方を
お招きして食事会&飲み会を開催したのですが、完成するまでに
皆さんと仲良しになっていたので、本当に心温まる楽しい会に
なりました。
ずいぶん値引きをお願いしたことなども、もうその時には
わらい話になっていました。


まかせっきりではなく、

見守ることも大切ですよね。



自分がこれから大事に住む家を造ってってくれる人たちに感謝の
気持ちを絶対に忘れないこと、これが良い家を造るための
一番大事なことではないでしょうか。

次回は、家本体以外の部分で節約できることのお話を
書こうと思います。

お楽しみに♪



メーカー決定日の前日

メーカーを決める日をちゃんと伝えてありますね?

もう、どこにするかも決めましたね?

では、その前日に営業さんに電話しましょう。


「明日、どうするかお答えしますね。 

ここだけの話だけど、


私はお宅でどうしても建てたいと


思っているのですが、


主人が(家内が) ○ ○ の部分を


 □ □にしたいと


言っていて・・・。 」


なんて言ってみましょう。


例えば、ドアが合板になっているけど、やっぱり一枚板のものが良いとか、サッシのグレードが気にいらないとか、他メーカーの方は、こんな作り付けの棚を付けてくれるのよとか、この点がグレードが高いとか・・。

ちょっとした(?)グレードアップをほのめかしてみましょう。

きっと契約できるかの瀬戸際なら、きっとグレードアップしてくれると思いますよ。

もちろん、ベラボウなことは無理ですよ。もうめいっぱい値引きしてくれているはずですから。
そこのところは、わきまえてあげて下さい。

もし、それに同意してくれたら、


「それなら、もう一度


検討しなおします。


明日、きっと良いお返事をします!」



 きっと営業さんは喜びますね。 こちらも大喜び!


 

契約する時がチャンス!

数メーカー分の設計図や見積もりをじ〜〜〜〜っくり見て、
これでもかというくらい比べましたか?
そうしたら、営業さんにこうささやきましょう。


「では、○月○日にどのメーカーさんに

決めるか決定します」


そのとき、


「私は貴方の会社にお願いしたい

のです。

でも、予算がとても足りないのです」

・・・と。


営業さんは、ここまでやったのですから、どうしても契約まで
行きたいですから、最後の最後の奥の手を使って値引きしてくれますよ。

我が家がお願いしていた一流メーカーさん(結局契約しなかったのですが)もびっくりするほどの値引きをしてくれました。
後に、同業他社の方に聞いたのですが、そんな値引きをしたケースを聞いたことがないということでした。

最後の最後に空調設備を無料で取り付けてくれるというのも良くあることなので、聞いてみると良いかもしれません。

これが、一番大きな額を減額するチャンス

です!


でも、どのメーカーさんにもどうか誠意を持って、本当に契約して家を建ててもらおうと思える場合にのみお願いしてみて下さいね。

営業さんも本当に一生懸命にやって下さいます。
私も、お断りする時には本当に心が痛みました。
それを覚悟でやって下さい。

私は、最後の最後まで本当にどこのメーカーにするか迷いました。どの営業さんも会う機会が多くなればなるほど、情もわいてくるし、その人柄を知ると本当につらい思いをします。

値引きが目的ではないのです。本当に自分が住みたい家を建ててくれるメーカーに決めて下さい。
予算が足りなくて建てられないのなら、それでもどうしても
貴方のメーカーで建てたいのだとアプローチしてみるのも
良い方法です。

私はこれによって結局あるメーカーにお願いすることになったのですが、

このいきさつは、次回に書きたいと思います。

家の価値をあげる

何件もハウスメーカーに設計図を作ってもらい、細かい設備なども全部納得できたら、最後の最後の見積もりとよ〜く相談して、どのメーカーに決めるのかを決めましょう。

ここまでが長い長い道のりかもしれませんが、それがいかに納得の家を建てることにつながるのです。

一番のポイントは、

自分や家族の住む家が

どんなものしたら

一番快適で幸せな場所に

なるかということ。


だって、一番長い時間をすごす場所ですもの。
設計図から、その家がちゃんとイメージできますか?


平面図だけでなく、

立体的にイメージを作ることが

大事です。



私は、部屋ではない全ての空間までイメージできるまでになって
いました。
おかげで、設計士さんも気づかなかった収納スペースを自分で
見つけたりして、驚かれました。

無駄なスペースを極力なくす。

あたりまえのようですが、メーカー側としたら、なるべくシンプルな構造にするのが一番手間がかからなくてありがたいわけですから。

それを見過ごさない、厳しい目

が家の価値をあげるかにつながると思います。

火災保険を思いっきり安くする方法


家を建てるとよほどの大金持ちではないかぎり、ローンを組みますわね。

さて。ここで、


と〜〜〜〜ってもお得な情報をお知

らせしま〜す!


ローンを組めば必ず火災保険への加入が義務付けられているのが
通常です。


その火災保険をとっても安くする方

法を教えちゃいます。


それは、セコムに加入することなんです。

ええ?セコムって高いんでしょう?そんなお金払うんじゃ意味ないじゃん!
・・なんて思ってませんか?
いいえ!全然!

セコムホームセキュリティーは、火災報知器も含まれていて、
これを設置すると、火災保険料が何十万も安くなる場合があるんですよ。
私の友達は、一月7000円くらいのセコムに加入して、火災保険料が30万円弱安くなったそうです。

まず、セコムの内容を検討して、ローンを組む場合の窓口でセコムに加入した場合に保険料が安くなるのかを確認してみてください。


 これは絶対オススメです!


セコム・ホームセキュリティ

我が家の場合は、以前に住んでいた家が泥棒に入られてしまった苦い経験もあり、一番安いプラン(月々7000円程度)に入っていますが、セコムをつける代わりに

雨戸を全くつけてません!

だって、雨戸があっても泥棒は入るけど、セコムが入ってる方が
泥棒が入る確率は相当低くなるから。

それが証拠に、我が家のお向かいさん、泥棒に入られちゃいました〜。

セコムの方の話では、セコムを入れていて、カギの掛け忘れでない限りは、安全度は高いようです。

今だと大体自動シャッターですよね。
一戸建てで全面にシャッターをつけると相当な金額になります。

我が家はそこでもン十万節約しました!

セコム何年分節約できたかな〜??

安全も買えて、火災保険料、雨戸シャッター代金が節約できるなんて、おいしすぎます〜〜。

外構

いろいろ家の中が決まってくると同時に外周りも考えるようになりますよね。

ここで、大事なことは、できるだけホームメーカーに、外構工事も含めた予算を提示することです。

その家の雰囲気にあった工事をしてくれる業者を紹介してくれるし、予算内でということを念頭にがんばってくれると思います。

さて、我が家の場合ですが、ウッドデッキを含めて3方向にカベを作ってもらい、

植栽はほとんど自分でやりました。

バラのアーチだけはホームセンターで買ったものを安全のために
設置をお願いしたくらいです。

塀についてですが、我が家の塀はとても低くしました。
高い塀は泥棒対策に良いように見えますが、周りから視覚がさえぎられるので、かえって防犯上はよくないそうです。
ですから、費用も節約!

けれど、見た目は重視なので、波のような形につくってもらい、
家の壁のように、レンガをランダムに貼ってもらいました。

そして、私が言った一言で、ものすごいプレゼントが
もらえました!

「このレンガ、きっとあまりますよね?そしたら、それで、
バーベキューコンロ作ってもらえませんか? タダで・・。」

タダで!!

・・・なんて良い業者さんだったんでしょう。
本当にタダで作って下さいました。
しかも、全体にしっかりレンガを貼って、1m50cmほどの
幅のとってもステキなのができました!

ガーデンパーティーは

気持ちが良いですよ〜〜。




 

どこにお金をかけるか

いろいろと具体的になってきたところで、もう一度、自分がどこにお金をかけたいのかを再確認してみて下さい。

そりゃ、ぜ〜んぶ最高級のものを付けたいのはやまやまですが、
費用がゆるさないのなら、どこかでガマンをしなきゃいけないですよね。

私は、一部屋だけをとっても凝って作ってもらうことにしました。

玄関から近い、応接間ともいうべき部屋なのです。
ここだけは、お金をかけました〜。
床はタイルにして、壁紙もカーテンも高くても良いので、気に入ったものを選びました。
高気密工断熱住宅ならではの、吹き抜けです。
タイルにしても、真冬でも足が冷えない。だからこそできました。

そのかわり、キッチンはご提案されたものの中で一番安価なものを選びました。
え?料理嫌いなの? って??
いいえ〜〜。料理大好きですよ。
でも、輸入のキッチンなんて、たしかにステキですが、木製だったりすると、手入れが大変!
一番安い表面がツルっとした掃除が楽なシステムキッチンで、
全く問題なしっ!
だいたい、キッチンが見えるような形には作ってませんからっ!

それから、応接間のカーテン以外は、かなりグレードを下げました。応接間のカーテンだけで、全部のカーテンの4分の3くらいかかりましたから、他の部屋がいかに安いものをつけたかおわかりでしょう?
でも、そんなに貧弱じゃないですよ。
カーテンを貧弱に見せないコツは、2倍ヒダにすることです。
1.5倍ヒダだと、高い生地でも貧弱に見えます。
プリントのカーテンだって、結構選び方ひとつで高級にみえます。

それから、和室の障子ですが、これがまた高いし、張替えが面倒じゃありませんか?
我が家は、和紙でできたブラインドを取り付けました。
これは、実は結構お安いです。・・・が、とってもイキで洒落てます〜。

高気密住宅にして良かったこと

我が家は高気密住宅ですが、そんじょそこらの高気密ではありません。

カナダの住宅の高気密高断熱住宅のR2000というのをクリアしています。

つまり、寒い地域に適した住宅なのですが、我が家は関東にあります。

関東にそんな重装備が必要かどうかは、いろいろと論議があるようなのですが、私は、どうしても、快適な空間で過ごしたいと切望して、このような家にしたのです。
つまり、これが私のこだわりということです。

高気密高断熱というのは、今大手のメーカーさんならどこでも言っているところだと思いますが、これもメーカーによって本当にレベルが違います。
これもずいぶん研究しました。
その弊害なんていうのもいろいろ出ていますね。

我が家の場合は、特に弊害というものは感じてませんが、
一番困るのは、外の温度がわからなくて、天気の良いものすご〜〜く寒い日なのに、家の中は暖かいので、「今日は良いお天気だから、薄着で良いね」なんて言って、娘に風邪を引かせてしまったとか、冬、例えばクリスマスパーティーをして、たくさんお友達を読んだら、部屋が暑くなりすぎて真夜中に窓を開け放していたり・・・と、そんな程度です。

結露が問題になったりしますが、我が家は、5年間一度も結露というものを見たことがありません。
お風呂も空調の中に入っていますから、何もしなくてもカビもめったにはえたりしません。
(排水溝のそうじをさぼっていたら、ちょっとできちゃったことがありますが・・。)

どちらかというと、乾燥の方が心配なくらいです。

でも、我が家は加湿機能のついた空調設備をつけているので、これもある程度はカバーしてくれているようです。

もちろん、24時間換気がされているので、安心ですね。

それから、高気密住宅はサッシが複層ガラスになっています。
機密性の高いサッシは、外からのホコリなどもほとんど入ってきませんから、年末の大掃除の時にとても楽です。
窓のサンには、ホコリはほとんどなく、家の中のチリのようなものがうっすらたまるくらいなものです。
ですから、カーテンを洗う頻度が本当に少なくてすみます。

おかげで、カーテンが全然くたびれてきません。
これも、


後々の節約につながるのでは?

高気密高断熱住宅 床暖房は必要ない?

それからそれから、私の希望は、

あったか〜〜いお家!

夏でも靴下をぬげないくらい冷え性の私ですから、
これは、大事な問題です。
従来工法の木造2階建ての家に住んでいた私にとって、
2階はとくに、夏は死ぬほど暑く、冬は死ぬほど寒い場所でした。
娘が生まれたのが12月。
寒くて寒くて、夜はエアコンと空気を汚さないためのオイルヒーター。昼間はこたつに石油ファンヒーター。
おかげで、この年の冬の電気代だけで一月5万円以上かかって
しまうというすごいことが起きました。

新しいお家は

あったか〜い床暖房
を付けたいな。と思ってました。

ある日、モデルハウスめぐりをしていたら、高気密高断熱住宅という言葉をききました。
家全体を密閉してしまい、家全体を同じ温度で管理できるとのこと。


ええ?床暖房必要ないのっ???


はい。奥様。
それでも疑い深い、超冷え性の私はコタツをこっそりもって引っ越してきましたが、一度も電源を入れておりません。

すごいですぞ! 高気密住宅!!

でもでもっ!
それって、費用がかかるんでしょう?
それに、光熱費も毎月めちゃくちゃかかるんでしょう?

・・・って、思ってますよね?

そんなことないですよ。

我が家は現在床面積が約200平米。だいたい60坪くらいですね。その上、屋根裏部屋が15畳程度あると思われます。また、1階部分の3分の1は屋根までの吹き抜けになってますから。床面積以上の空間を常時、一定温度にしています。
・・・が、電気代は、月2,3万くらいです。

月2、3万円って、マンションから考えたら高いと思いますかね。でも、全部屋ですよ。
トイレも、廊下も、お風呂もぜ〜〜んぶ。

私の実家はやはり60坪程度の従来様式の木造住宅ですが、
電気代はやはり2万円程度は使ってますよ。
しかも、そのほかに灯油も買ってますから、それ以上かかって、
廊下もトイレも寒くて、いっつもこたつに入ってますよ。

どっちが良いですか?

高断熱ですから、熱を逃がしにくい。
つまり、かえって光熱費を節約できるってわけなのです。

私は、ここには贅沢をしてもよし! と決めたわけなのです。

おかげ様で、この家に住んでから、熱帯夜なんてないし、
冬でも、タオルケットとうす掛け程度で十分あたたかく、
足が冷たくて寝られなかった日がウソのようですよ。

最初の工事費は、前の記事にも書きましたよね。

ほとんど、サービスでつけてくれました。


ここだけの話ですよ。

メーカーさんにはナイショにしておいてください。

こだわりの我が家へ向って

契約なんて、いつでも出来ますからね。

私の場合、始めてモデルハウスを見に行ってから契約まで
1年以上かかっていると思いますから、あせらないで下さいね。

さて、その前に、自分が住みたい家を具体的に考えていきましょう。

まずは家の建築様式が一番大事ですかね。
何件かホームメーカーをあたっているうちに、外観や、構造が
わかってきましたか?
年々新しくなっていますので、十分研究して下さい。

私の場合は、外観にも結構こだわってました。

なにしろ私の夢は


ブーフーウーのウーのお家に住みたい!

つまり、レンガのお家。
これは、絶対にゆずれない!と思ってました。

でも!レンガのカベは高い!

そこで、見積もりを見てみると・・。


もし、ぐるりと回りにレンガを貼ったらそれだけで1000万以上だそうで・・。  ・・ありえませんから!!


そこで、節約ですよ。


でも、あきらめてはだめです。


レンガと言っても、本物のレンガは重くて、壊れやすく、なにより、家事態のモチが悪くなるそうで、本物はこの時点であきらめはしました。でも、サイディングにしたくないと思った私は、いろいろと調べました。すると、古いレンガをリサイクルして、薄いタイル状にしたものがありまして、しかも、色合いがわざとアンティーク調にしてあり、色の種類が数パターンありました。
私は、その数パターンをさらに組み合わせて、何対何対何というふうに指定して、しかもランダムに貼って下さいとお願いしました。

うるさい客だね〜


これだけで、ン100万。 浮きましたよ〜。

にほんブログ村 住まいブログへ
RSS取得
人気商品

Seesaaショッピング
検索ボックス
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。